【ピコットタウン】ポップなキャラが可愛く、やること満載の箱庭アプリ

『ピコットタウン』は、デザインがポップなポリゴン風になっており、農業以外にも探検などの要素まである箱庭アプリだ。配信日(リリース日)は2020年4月16日。

住民たちがポップなデザインで描かれており、ちょこちょこ動く様子を見ると愛着がわいてくるものになっている。

普通の箱庭アプリよりもテンポよく進めることができ、さらには農業・酪農といった要素の他にも探検やミニゲームといったやり込み要素まで含まれている。

愛らしいデザインとテンポの良さ、様々なやり込み要素で人気のある『ピコットタウン』である。その魅力を解説していく。

皆さんの生活をアップグレードするための参考にしていただければ幸いだ。

どんなゲームなの?

平穏に暮らしていたピコットタウンに、突如トロールの軍勢が現れます。このトロールたちに襲われ、甚大な被害を受けたピコットタウンだった。

この壊滅的な状況の中、ピコットタウンの城主となったプレイヤーが村人とともに街の復興と発展を進めていくというストーリーになっている。ただ、主人公は城主にはなりたくないようだ・・・。

建物にはお店などの様々な施設があり、修理や建設をすることでその建物を利用することができるようになる。

農業は種まきから収穫まで指一本でスーッとなぞるだけでできるので、簡単に操作可能だ。

レベルが低いと修理できない建物があったり、生産できる作物が小麦だけだったりするが、レベルが上がるに従ってどんどん増えていく。

人が生活できる場所が増えれば増えるほど、街に人が集まってきて新たな施設を作ることができるようになる。そのため、家づくりと施設の建設の両方をバランスよくやっていく必要がある。

序盤から作物の収穫や修理に時間が掛からない設定になっているため、やれることがどんどん増えて、どんどんハマっていくぞ!

また、街の近くには捕らわれになっている住民たちがいる。彼らを救出すべく、パーティーを編成することが可能だ。

このパーティーメンバーは酒場のガチャなどで入手することができる。ゲームを始めると必ず手に入る「マックス」がかなり強くて使い勝手が良い!

メンバーのスキルによって所要時間が短くなるなどの恩恵があるため、スキルは要チェックだ!

魅力は何か?

一番の魅力はテンポの良さだと思う。

小麦はパンを作ったり、牛のえさになったりと用途は数多くある。そのため、小麦を大量に生産したいとプレイヤーは考えるだろう。

そこで生きてくるのがこのテンポの良さだ!小麦の種をまいて、牛にえさをあげて、探検にパーティーを送り出す。

そうすると、もう小麦が出来上がっている!小麦を収穫して、種まいて、探検の報酬を確認して・・・で、また小麦が出来てる!

この繰り返しでどんどん進めていけるのが簡単である。

また、このテンポの良さのおかげでレベルがすぐに上がっていく。そして、レベルが上がるとどんどんできることが増えていく

新しい作物が作れたり、施設を建てることができたり、開拓ができたりとやればやるほどに次々と新要素が増えていくので、止め時が見つからない。

まとまった時間にゴリゴリ進めていくこともできるし、スキマ時間にちょこっと進めることもできる。ポップで可愛らしいキャラクターたちといっしょにのんびりプレイするのもありだと思う。

まずは農業・酪農から!

最初から生産が可能なのは「小麦」だけだ。しかし、用途は実に多いため、優先して栽培していくことをおすすめする。

栽培方法はいたって簡単!畑をタップして、種を選択した後は指でなぞすだけでOKだ!

可愛い住民たちが畑の世話をしてくれるため、収穫できるまで待っていればいい。収穫も指でなぞるだけなので、手間いらずだ。

収穫した小麦は「パン屋」にもっていくと、パンを作ってくれる。お店のスタッフは街の住民なので、生産に適したスキルをもつ住民を配置することで効率がアップする。

パン屋で作れるパンの種類は「レシピ」を手に入れることで増やすことができる。レシピは探検などで入手可能だ。

また、小麦を使ってできることとして、家畜の世話がある。初期段階から設置できるのが「ウシ小屋」だ。

ウシに小麦を与えることでミルクを受け取ることが可能だ。このミルクは加工してバターを作るなどして高く売ることができる。

加工するためには「ミルク工房」を建設しなくてはいけません。建設が可能なレベルになるまで数分なので、建築ができるようになったらすぐに作っていきましょう。

そして、お金に余裕が出てきたら、牛の数を増やして生産効率を上げておくと後々役に立つので、オススメです!

貿易でお金を稼ぐ

物語が始まって数分で「ドラゴン」を仲間にすることができる。このドラゴンの役割は小麦やバターなどの生産物や加工品を他の地域に運んで、お金と経験値を稼ぐことだ。

このドラゴンが貿易商を運んでくれるのだが、配達してもらうためには小麦が必要になってくる。小麦の重要性は言うまでもないだろう。

レベルが上がるとぞうさんも運び屋として仲間になってくれる。

どちらも配達にかかる時間はそれほど長くはないため、お金を稼ぐには重宝する存在になる。

探検と住民の救出

洞窟へ探検に行けるようになると珍しい素材やレシピが手に入る。素材に中には開拓に必要な「ハンマー」などがあったり、建設に必要な「泥」などがある。

探検に行く住民は「酒場のガチャ」で手に入れることができる。それか、トロールに捕らえられている住民を救出することで手に入れることができる。

住民は「探検」と「生産」の2種類に分類されている。そのため、探検のパーティーは探検キャラクターが必要となる。基本的には「生産」キャラクターの方が出にくい印象だ。

探検も住民の救出も数分の時間が必要になるため、待っている間に作物を育てたり、加工品を作ったりするといいだろう。

ミニゲームやマーケットなど他にも

『ピコットタウン』では基本的なルーティーンとしては作物を育て、家畜にえさをやり、ミルクなどを受け取り、加工して、貿易に使っていくことや探検などで素材を持ち帰り、街を発展させていくことになる。

しかし、それだけにとどまらないのがこの『ピコットタウン』だ。

パズルのミニゲームがあったり、他のプレイヤーと友達になって街にお邪魔して助けてあげたり、マーケットを開いて他のプレイヤーに作物や加工品を販売したりすることができる。

アバターのコスチュームや髪形を変えたり、住民を強化したりとまだまだやれることが盛りだくさんのスマホアプリになっている。

課金要素

課金で手に入れることができるのは、買い物などで使用する「ゴールド」と様々な用途で代用品して使える「ルビー」がある。

コツコツ貯めていけばゴールドはため込むことができるし、時間を待つことができればルビーを使う出番はない。

ガツガツ進めい人は課金をすることでどんどんと先へ進めることができるので、それぞれのスタイルに合わせて課金をするのがよいと思う。

まとめ~テンポの良さでハマる箱庭アプリ~

城主になりたくない主人公がどのようになっていくのかといったストーリーも気になるこの『ピコットタウン』であるが、収穫や生産までの時間が短く、このテンポの良さがハマる要因になっている。

また、レベルも上がりやすいため、やれることが次々に増えていくのもハマってしまう要因だろう。

課金はそれぞれの楽しみ方によるとは思うが、徐々に時間が多くかかる要素も出てくるため、ある程度レベルが上がったところで課金することはありだと思う。

ポップなポリゴンのキャラクターたちの愛らしい動きや城主としてのストーリーを味わいながらゆっくりと自分の街を作りたいという方にはオススメの箱庭アプリである。

また、どんどんと効率よく街づくりをしたいという方にも、このテンポの良さはおすすめできるゲームになっているので、どんな方にもおすすめできると思う。

迷っている方は、まずやってみるといいでしょう。テンポの良さにびっくりしつつ、数分後にはハマっていること間違いなし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です